生命保険は世帯主だけのもの?

生命保険というと、家計を支える世帯主が、万一自分が亡くなったり、高度障害になった場合の保障のために加入するものという印象が強いですが、子どもがまだ小さいのであれば、できれば主婦、主夫の方も加入しておいた方がよいでしょう。仕事の負担に加えて家事、育児の負担も掛かってくるためです。もしかしたら、ベビーシッターやハウスキーパーの手も必要になるかもしれません。
保険の種類を知る
一口に保険といっても、様々な種類があります。ここでは代表的な生命保険、損害保険、医療保険のそれぞれの違いを見ていきましょう。
どこで申し込むか?
保険を申し込むためには、その保険を取り扱っている代理店で申し込む、仲介人に依頼する、保険販売店に直接申し込むといった方法があります。
ネット経由で申し込む
現在、バイク保険や医療保険などが、インターネット経由で契約できる保険として人気があり、契約数を伸ばしています。生命保険はどうでしょうか。
保険の見直し方法
今加入している生命保険に不足を感じる、あるいは余計な保険に入っているのではないかと感じているのであれば、ぜひ見直しをすすめてみましょう。
特約の見直し
特約とは主契約に付帯させることができる保険のことで、単独で契約するよりも安く加入できるのがメリットです。生命保険の中でも見直しやすい部分です。
特約の見直し方法
生命保険の主契約を変更しなくても見直しやすい部分が特約なので、ぜひ見直してみましょう。ただし、主契約の内容によっては変更に制限がかかります。
契約の転換と問題点
生命保険の見直し方法として、営業担当から転換を勧められたという方は少なくないでしょう。しかしこの転換には、様々な問題がありますので、あまりおすすめできません。
保険の大まかな分類
生命保険は人そのものに対して保険をかけるもので、亡くなった場合と、生存していた場合、保険金の支払いタイミングに合わせて大きく分けて二つに分けられます。
掛け捨てか貯蓄か
生命保険は掛け捨て型と貯蓄型、どちらを選ぶかで、数千万円も保険料が変わってくることがあります。どちらにするかは重要な選択と言えるでしょう。